Blog&column
ブログ・コラム

立ち仕事が腰痛になる原因と予防法

query_builder 2022/10/15
コラム
34
立ち仕事が腰痛の原因になるのはなぜなのでしょうか。
重いものを持ち上げなくても、腰痛になることがありますよね。
そこで立ち仕事が腰痛につながる原因を簡単に紹介します。

▼立ち仕事で腰痛になる原因
立ち仕事が腰痛の原因になるのは、身体が左右のどちらかに傾いているからです。
傾いた状態で立ち仕事を続けると骨盤に歪みが生じて腰痛の原因につながります。
また長時間同じ姿勢を続けることにより、筋肉が硬直してしまうのも腰痛の原因です。

■立ち仕事でも腰痛にならないための予防法
腰痛にならないための予防法としては、真っ直ぐ立つのがおすすめです。
片方の足に体重をかけ続けることがないよう、毎日の仕事で意識してみてください。
また長時間同じ姿勢を続ける必要性があるのなら、合間に身体を伸ばします。

ストレッチが理想ですが、仕事中にストレッチをするのは難しいものですよね。
そこで少しでも良いので体勢を変えるようにして、筋肉をほぐすように意識しましょう。
普段の生活に軽い運動を取り入れるのも効果的です。

▼まとめ
立ち仕事が腰痛の原因になってしまうのは、身体の傾きや長時間同じ姿勢を取り続けることなどが大きな原因です。
もし立ち仕事をしているのでしたら、真っ直ぐ立つように意識し、定期的に身体を動かしてくださいね。
すでに腰痛でお悩みでしたら、接骨院を利用して緩和を目指すのもおすすめの方法です。
プロの施術により腰痛の緩和だけでなく姿勢の改善も目指せますので、ぜひ接骨院での相談も検討してみましょう。

NEW

  • はじめまして。

    query_builder 2022/05/19
  • 産後の腱鞘炎を予防・改善するには?

    query_builder 2023/02/01
  • 産後の体型を戻す方法は?

    query_builder 2023/01/15
  • 産後の肩こりを解消するには?

    query_builder 2023/01/01
  • 産後の骨盤矯正はいつから通うべき?おすすめの時期について

    query_builder 2022/12/15

CATEGORY

ARCHIVE